FGO第二部本編

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記14 でたらめで歪で純粋で

FGOのメインシナリオでは、マシュではない女性キャラクターが章ヒロインを担当しがちだ。わかりやすくオルレアンならジャンヌだし、オケアノスだとドレイクだし……。ヒロインというより第二の主人公的な立場なパターンの方が多いかな。下総の武蔵ちゃんなんか…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記13 何を想い選ぶのか

こういう場面で迷うことなく味方になってくれるアキレウスやオリオンは、本当に頼りになる。格好良いし、心強くもある。一方、現実的な意見を口にしてくれるアポロンやイアソンのような視点もありがたい。全員が無条件で賛成なんて状況は、それはそれで危う…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記12 赤い夕焼け、与えられた「意味」

今回のパライソちゃん、ライターのノリなのか世界観に引っ張られているのか、終始テンション高めだ。元々そういう部分もあったけど、シリアス寄のメインシナリオ内でここまではっちゃけるとは予想以上。でもかわいい! ちょっと調子に乗っちゃう系女子、スゲ…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記11 仲間たちと語らった海

アトランティスで出会ったマンドリカルドやコルデー。カルデアにいる彼らは、その時の彼らではない。アトランティスで共に冒険をした彼らとは、別れれば二度とは会えない。そんな残酷さが、Fateシリーズの大きな魅力でもある。メチャクチャ辛いししんどいし…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記10 不死ではないからこそ

アトランティスでの物語には、何人もの神や関わってきた。神に近付く難しさや危うさを何度も何度も目のあたりにしたし、異聞帯原住民の宗教観やキリシュタリアに対する大敗北もあって、より神や神に近い存在への恐れは増していった。……そして、それらの描写…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記09 星を落とす者

イアソンのマテリアルを読んでて気付いたけど、カイニスだけでなく彼らも元〇〇〇〇ー〇だったのか。あの船の関係者多いな!となると、実装時にバフ対象者に追加されるのだろうか?まぁまだ実装されると決まったわけでもないのだけど。……いつかカイニス共々…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記08 オリュンポス大戦の勝敗

マリーン以外にもプロフェッサーにエンジンにベーカリーに……といっぱい増えたネモ。どれもこれも超かわいいんだけど、ネモ本人以外はどことなく女の子っぽくないか?でもムニエルがヒャッホーしていたあたり、外見や一人称etcに関わらず『全員オトコノコ』な…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記07 新たなるアルゴノーツ

『ヘクトールの大ファン』代表ともいえるようなマンドリカルドと共に旅をしているからか、プレイヤーの気持ちの中でもヘクトールの存在がどんどんデカくなっていっている感じがする。第三特異点繋がりの知人なイアソンも会話に混ざるし、マンドリカルドも語…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記06 悲しみと希望の中での船出

ドレイクの言動がいちいちサイコーすぎて、前から好きだったのに更に好きになってしまった……。惚れ直してしまった。共に冒険できたわけでもなかったし、出番の尺だけでいうと序盤の短い期間でしかなかったのに、“残したもの”がデカすぎる。最後の最後まで、…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記05 オケアノスからアトランティスへ

異聞帯突入直後のピンチに次ぐピンチから一転、状況にそぐわないくらいのんびりとした時間が進んでいたけど……ここに来て、事態は再び大きく動き出す。マイナス方面の揺れも大きかったけど、私の中ではプラス方面の、光を感じる方向性の揺れの方がより大きく…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記04 奴らの『本気』が今から怖い

「神をも恐れぬ所業」呼ばわりでワロタ。いや、グレートビッグベン☆ロンドンスターは、適当な知識で解体してるってわけでもないけどね?この場面で連想されていた魔術礼装は、トリムマウ……月霊髄液のことだろう。ハイテクすぎて雰囲気で理解した気分になって…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記03 最大級の異聞帯は伊達じゃない

カイニスは今までの異聞帯にもちょくちょく現れていたけど、ガッツリの出番はようやくの機会となる。楽しみだなぁ。カイニス自身のことも知りたいし、キリシュタリアとの不思議な主従関係が成立している点など、疑問は山ほどある。さすがにそろそろ明かされ…

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記02 大歓迎の準備が整えられていた舞台

案の定、最初からクライマックスすぎるっつーか、敵が全力すぎる。真面目で勤勉な天才って厄介だなー!今のところ全然勝てる気がしないんだけど!

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記01 人類史上最大の作戦

大西洋での戦いがついに始まる! 敵の大本命であり、設定的にも物語的にもかなり重要な局面となるであろう新章の開幕だ。思い返せば第三章introの頃から、「次は大西洋だ」と言い続けていたっけ。あれから一年……2017年末から考えるとちょうど二年くらいにな…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記16(完) 今更の自由

第四章感想、最終回! 思いがけない喜びもあれば、想像もしなかった苦難も存在する、今までの異聞帯とはまたまるで違う新しい世界と物語だった。『インド異聞帯におけるストーリー』としては、綺麗にまとまっていたと思う。ただ『第二部の折り返し地点』とし…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記15 黒き神の傷

インド異聞帯に突入した当初から、『明確な脅威、敵』として認識していた“カリ”の存在。だがラクシュミー曰く、「あれは舞台装置であると同時に、この世界の、最後の抵抗だ」ったらしい。アルジュナ(神)がユガを廻し始めた頃から現在まで頑張り続けている…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記14 特別じゃないキミと

※感情的長文多目要注意

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記13 新しいユガ

インド異聞帯では、今までにない対立構造を目にしすることが多い。『異聞帯の王VSクリプター』、『異星の神の使徒VSクリプター』、『使徒VS使徒』……。敵の敵は味方、というほど簡単な構図になるとは思い難いけど、面白いし興味深い。今後どうなっていくのか…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記12 ヒトの輝き

振り返ってみれば、インド異聞帯の新鯖や登場鯖の性別は、わりと男性に偏ってもいた。そして純粋な“人間”に最も近かったのが、ウィリアム・テルという男だった。同時に彼は今回登場したサーヴァント達の中で、最も“父親”らしい存在でもあった。史実的にはア…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記11 三度の別れを越えて

インド異聞帯プレイ日記も早11回。全部で16か17で終わるはず。今回も随分と長くなってしまった。文章量も毎回オーバーしまくっていて、血を吐きそうになっている。 大丈夫だ、まだ夏イベントまでは時間があるはず。サバフェス復刻もあるだろうし、焦らず進め…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記10 人間性の欠片

一時的にカドックと共闘したり、終盤になってオフェリアと和解の空気になったり、今までのクリプターとの付き合い方は色々だったけれど、少なくとも序盤から積極的に会話できる関係性というのはペペロンチーノ相手が初だ。興味深い&面白い話をたくさん聞く…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記09 善良な人間はいなかったチーム

「インド異聞帯に入り浸っているアルターエゴ」の話を聞いたのはいつだったっけ。えーと……「FGO第二部 Lostbelt No.2 プレイ日記04 平和で穏やかな世界」の頃か。あの頃から私は、てっきりインド異聞帯がリンボとの決戦の地になるのだろうと予想していた。し…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記08 失われたもの、残るもの

今回、疑似サーヴァントとしてジナコ(ガネーシャ)が実装されたのは、個人的にはかなり予想外だった。CCC好きとしては嬉しかったけれど、同じEXTRAマスター勢でもザビーズを筆頭に、ラニやレオといった人気かつ能力の高いキャラクターは多い。初登場作品で…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記07 邪悪を赦さぬ世界

『クリプター』という名前は、Aチームが結成されたときにマリスビリー所長から贈られた、特別なマスターとしての称号だったらしい。彼らは、なぜその名を未だに使っているのだろう?感傷的な理由とは思い辛い。少なくともリーダーともいえるキリシュタリアに…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記06 静かな喪失

出会った時には仲良く楽しそうにしていた彼女たち。最後に別れた際も、やはりそこまで悲観的な様子ではなかった。そして今回再会した時、彼女は再び笑っていた。同じような笑顔、似たような光景でありつつ、『違い』が明確過ぎてエグすぎる。それに彼女自身…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記05 崩壊の光と黄金の鎧

辛い出来事は続くけれど、悲しんでばかりはいられない。むしろ、悲しんで落ち込む事の方が、彼らの期待を裏切ることになるのだろう。 共に居られた時は決して長くはなかったけれど、とても貴重で素晴らしい時間だったと思う。カルナにとってもプレイヤーにと…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記04 月の元主従

先日のホワイトデークエストで実装された、『シナリオを読み終えてから編成』システムが、この第二部第四章から本編にも実装されることになったらしい。これもまた、スッゲー嬉しい措置! 素晴らしい!!戦力や戦術、戦闘難易度に関わってくるのは言うまでも…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記03 一人だけの神様

たまたま最初に立ち寄ったに過ぎない村を守ろう、と、当然のように考えることができる英霊たち。ラーマもカルナも哪吒も、とても良い奴らだ。好感が持てて頼りになる、格好いい英雄だ。……しかし、プレイヤー視点では、「他にすべき事があるのでは……」とも考…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記02 祈りと共に生きる人々

第一部第五章、北米以来のラーマの出番&活躍だ!スッゲー嬉しい。エジソンだったりカルナだったり、同期の多くはイベントシナリオでもよく登場していたが、ラーマの出番はずっと待ち続けていた。CMでの姿も改修されたモーションも格好良くて、男らしさ・イ…

FGO第二部 Lostbelt No.4 プレイ日記01 美しくも寂しい場所

待ちに待った第二部第四章、ついにスタート! 創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ。今回のサブタイトル(?)は「黒き最後の神」。CMで自称神だった、あのキャラクターを指している……と考えるのが普通だろうが、ストレートすぎるか? でもココで捻る必要もない…