戦国ランス攻略 01 初見初プレイ用の攻略手引き



本記事は、「初心者が1周目を無事クリアすること」を狙いつつ、「安定感があり、しかしガチガチすぎない(遊びの余地がある)」プレイスタイルで遊ぶための攻略法や方針について書いていく。

類似記事である『02 超基礎知識編』『03キャラ補足』も参照。
特に『02』内の超基礎知識は把握している、もしくは記事を読みつつプレイしていくことを想定した記事になっている。




1,具体的な行動予定
 >序盤
 >中盤①
 >中盤②
 >終盤


2,後半に意識しておきたいこと


3,ラスボス戦に向けて
 

続きを読む

戦国ランス攻略 02 初見初プレイ用の超基礎知識



本記事は、「初心者が戦国ランスをプレイする際に知っておきたい超基礎知識」を解説していく。
あらゆる知識をまんべんなく書いているわけではないこと、専門的な攻略知識について書いているわけではないことに注意。
あくまでも「超」基礎知識について書いていく。




1,合戦について
敵への行動
味方への行動
何もしない
戦果と時間


2,地域イベントについて
???イベントと好感度イベント
ランクアップ
非ユニークキャラのイベント


3,大満足ボーナスについて
大満足ボーナスの基礎
大満足ボーナスおすすめ

続きを読む

戦国ランス攻略 03 初見初プレイ用キャラ補足



本記事は、『戦国ランス攻略 01 初見初プレイ用の攻略手引き』に従ってプレイした場合に加入する(可能性が高い)キャラクターの詳細やキャラクリ条件について補足していく。
初見初プレイ前提なので、正史ルートについてのみ記載。




1,序盤の仲間
乱丸
柴田勝家
鈴女
玉籤風華
名取


2,援軍の仲間
リズナ
ウルザ
マジック

3,中盤以降の仲間
上杉謙信
直江愛
沖田のぞみ
小川健太郎
明石風丸

続きを読む

戦国ランス 延長戦007 初見のための攻略法を探る(実験編⑥・完)



実験編、最終回!
攻略記事UPに遅れること数週間、実験記録日記もようやく完結することができた。一覧で並んだ際に見苦しいので、後日やっぱりUPし直して順番を直すかも。
公開する必要は特にないシリーズだったような気もするが、それも今更。これらの記事が少しでも誰かの役に立てればいいな。

実験の記録を経て、改めて書いた攻略記事はこちら→「戦国ランス攻略 01 初見初プレイ用の攻略手引き

続きを読む

戦国ランス 延長戦006 初見のための攻略法を探る(実験編⑤)



この一連のシリーズが、本当に初心者の役に立つことがあるのかどうか……わからない。
わからないけど、書いている私自身はプレイしていて楽しかったので問題なし。
ちょっとした縛りを設けての戦国ランスは楽しい……。もうあらゆる縛りが擦られすぎて、日記を書こうにも今更過ぎて恥ずかしさが勝ってしまうけど、たまにはやってみるのも良かった。

続きを読む

デレステ恒常SSR一覧(22/11/04更新)

「スカチケで誰を選ぶか悩んでいる」時の参考記事。
性能や秒数などを一覧で確認したいと考えて、自分のために製作した。
新規SSR追加に合わせて、たまに少しずつ更新していく。即更新、とは限らないので注意。
手動で追記していくため、記入ミスもありえる。

続きを読む

戦国ランス 延長戦005 初見のための攻略法を探る(実験編④)



一足先に『攻略記事』は公開したが、引き続き「探っていた時のプレイ日記」は書いていく。
ネタバレを極力減らした『攻略記事』とは違い、こっちのシリーズはラスボス関連などほぼ隠さずに書いていくので、今更な注意喚起になるけれどご了承いただきたい。

続きを読む

FGOイベント感想 108人のハロウィン・リベリオン!



毎年お馴染み、ハロウィンとエリちゃんの季節だ!
もっともハロウィン感が出ているかについては怪しいもの。FGOはエリちゃんさえ登場していればハロウィン成立だと思ってるフシがないか?

だがなんと今年の配布エリちゃんはロリ。しかもプリテンダー! 全体宝具! これはとても嬉しい!!
ヘビーユーザーからライトな読者まで、忘れずきっちり手に入れておきたい優秀な人材。



続きを読む

ランス・クエスト 延長戦132 自由な世界で更にニューゲーム



いよいよワールド3に突入だ。
初めてランクエをプレイした時は、ワールド3の序盤で止まってしまった記憶がある。もちろん2倍モードもなかった頃だ。
今度こそ最後まで、マグナムシナリオクリアまでやり遂げるぞ!
……と言いたいところだが、どうなるかはわからない。
まぁ無理せずマイペースに、楽しめる範囲で楽しんでいきたいな。



続きを読む

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記08(終) 約束のニライカナイ



ぐだぐだイベント感想、最終回!

邪馬台国を名乗る土地でのぶっちぎり茶の湯バトルもこれにて閉幕。
要素だけを並べると意味不明すぎるが、これで全部マジでガチなんだから相変わらずぐだぐだイベントはブッ飛んでいる。ブッ飛びつつも知性に溢れ、意外とシリアス寄りなのも毎度おなじみの光景だ。
今年は去年の追加ピックアップのような巨大爆弾こそ無かったけど、最初から最後までバランスと“ヒキ”の巧いシナリオを楽しませてもらった。



続きを読む