FGO

FGOイベント感想 108人のハロウィン・リベリオン!

毎年お馴染み、ハロウィンとエリちゃんの季節だ!もっともハロウィン感が出ているかについては怪しいもの。FGOはエリちゃんさえ登場していればハロウィン成立だと思ってるフシがないか?だがなんと今年の配布エリちゃんはロリ。しかもプリテンダー! 全体宝…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記08(終) 約束のニライカナイ

ぐだぐだイベント感想、最終回!新邪馬台国を名乗る土地でのぶっちぎり茶の湯バトルもこれにて閉幕。要素だけを並べると意味不明すぎるが、これで全部マジでガチなんだから相変わらずぐだぐだイベントはブッ飛んでいる。ブッ飛びつつも知性に溢れ、意外とシ…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記07 親と子と

兜オフの茶々が新鮮で可愛い。言動も『淀の方』っぽさが強まってて良いなぁ。これぞギャップ燃え。兜をとってデコな茶々といえば、ノッブが水着になった時のコンプティーク表紙を思い出す……ってことで改めて調べてみたら、2017年9月号だった。ご、五年前……!…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記06 狂人は黒に染まる

利休を見ていると、声優さんも相まってサクラ大戦Vを思い出す……。そろそろ移植してくれねぇかな、サクラシリーズ。さすがにPS2やドリキャスを引っ張り出すのも辛くなってきた。スクショできる環境でプレイ日記書きてぇ~。

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記05 敵なんだか味方なんだか

ぐだぐだシリーズは毎年高クオリティなシナリオでお馴染みだが、単純なテキスト量だけでいえばさほど多いわけでもない。意外と少ない文字数の中に、「おふざけ」「伏線」「設定」「キャラ立て」etcがギュギュッと詰め込まれている。読み応えがあるのにサラサ…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記04 関ヶ原の裏切り者

後になってから気付いたけど、石田三成は回想(生前)は眼鏡オフなんだな……。いかにも眼鏡キャラっぽい性格をしているし、死後に生えてきたのだろうか。無辜のメガネ?立ち位置的に今回の代表的なゲストNPCにあたるが、相変わらずゲストであっても立ち絵が豪…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記03 邪馬台国の“続き”

沖田さんや土方のようなガチャ勢はちょくちょく復刻PUされているけど、弓ノッブや茶々のような初期配布勢がほしいユーザーには厳しいであろう昨今。去年の蘭丸Xさえも、復刻するか否か怪しくなってきたしなぁ……。ぐだぐだ勢に限らず、配布鯖の再入手はもうち…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記02 天真爛漫にして計算ずく

初期からノッブや沖田さんが同行者枠として傍にいてくれるのって、よくあるようでいて実はすごく珍しい気がする。久しぶりな感覚がどこか懐かしく、新鮮でもあり、なんか良いな……。もちろん去年の龍馬のように、ぐだぐだ関連の他キャラが大きくピックアップ…

FGOイベント ぐだぐだ新邪馬台国 プレイ日記01 地獄から帰ってきた奴ら

ぶっちぎり茶の湯バトル、開幕だぜ!!ぶっちぎりだの地獄から云々だのと夏休み東○マンガ祭のごときワードを引っ提げて、今年もぐだぐだイベントがやってきた!どこからどう見てもフザけ倒しているようにしか見えないが、我々はわかっている……。なんだかんだ…

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記07(終) 優しき女神たち

2022夏イベント感想、最終回!7月末の周年記念から始まった楽しい夏の日々もそろそろ終わり。お祭りが終わってしまうような気分でちょっとしんみりするけれど、新しい何かを次の楽しみに、また日々を歩き出そう。ワルキューレ三姉妹の誰を選ぶか決めきれなく…

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記06 女王が綴る物語

ふーやーちゃんの水着は虚数海域イベントの時から望んでいたのでスッゲー嬉しかった。しかも大人! 大人だぞ!! ヤッターー!!! ……けど、ロリ形態での水着が一着くらいあっても良かったのかな? 設定的に難しそうだが、需要を考えるとそれを望むプレイヤ…

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記05 意外性のない暗躍

配布ワルキューレを完全体にするための氷の数、なかなかエグいな!最近のFGOイベントは三週間開催されているので、遅れてスタートしたプレイヤーでも追いつきやすいと聞くけれど、今回は遅れて参戦だとちょっと厳しいんじゃないか……?もちろんリンゴを齧って…

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記04 神ならではの高すぎる視野

夏イベントは本筋のメインシナリオも注目の的だが、それ以外のちょっとした日常パートとも呼べるような“寄り道”部分が楽しい。一昨年ならカレーを食べたりゲームしたり、去年ならテントでおしゃべりに興じたり……。そういう意味では今年度は“寄り道”パートが…

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記03 テーマパーク繁盛記

特異点での時の流れはさほど気にする必要もないのかもしれないが、フラワーパークの攻略だけで一日がかりとはなかなか大変。広い広いとは聞いていたけど、そんなに広いのか……。あとはエリアごとに集客して稼ぐ必要があるので、どうしたって時間がかかってし…

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記02 見知らぬ夏のお嬢さん

ガレスが水着になったことについて、「やはり来たか」という納得しかなかったのですぐに思い当たらなかったが……去年のコルデーに続く、低レアの水着化だったのか! マ~ジで気付かなかった。

FGOイベント アークティック・サマーワールド! プレイ日記01 避暑地にも程がある

サマーシーズン到来2022ッ!!毎度おなじみ夏の楽しみが今年もやってきたわけだが、事前情報の時点で爆弾まみれ。星5多すぎ! レディ・アヴァロンとかズルすぎ!!周年記念の彼女も同等以上の爆弾だったせいで、7月末はしっちゃかめっちゃかだった……。情報量…

FGOイベント感想 南溟弓張八犬伝

ブログ移転に伴い、更新頻度が変わります。FGOの本編感想・大型イベント感想は引き続き丁寧気味に行っていく予定ですが、その他イベントは状況やタイミングによっては一回限りの『イベント感想』として、今までの『まとめ(おわり)』パートのみ書いていく………

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記16(終) 叛逆の根

トラオムシナリオ感想、最終回! 今回は平安京と同じく、『●.5部』と冠された番外編的な特異点……と見せかけて、最後に用意されていたのは今までに例のない規模のトンデモない爆弾の数々だった。驚くことも戸惑うことも山ほどあったけど、特に衝撃的だったの…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記15 名探偵の敗北と勝利

プロローグにて語られていた『完全な人間についての考察』の真意。振り返れば、今までシオンは何度も何度も、雑談めいた形で警告……ではなく、「細やかな気配り」をし続けてくれていたんだな。彼女にしばしば見受けられた奇妙な言動も、ホームズへの気配りと…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記14 此度は最後まで共に

油断しているとロマンティックに横からブン殴られることもあるFGO。それにしても今回は玉数が多い。ここはロマンス地雷原だった……?

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記13 彼らのゴールはまだ先

トラオムの感想日記は全16回予定!このまま最後まで書ききってしまおうと考えている。ブログ移転のためにゴチャゴチャと作業をしていることもあり、最近ちょっと忙しい。

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記12 死地で笑う勇士たち

道満やオベロンに続いてシャルルマーニュも第三再臨がシナリオクリアまで封印されていたことから、てっきりその姿はシナリオ本編中で重要な役割をもって登場するのかと思っていたが……そんなこともなかったぜ!初期にドンキホーテが大帝に扮していた時のあの…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記11 後にも先にも一人だけ

主人公になれなかった男・カドックの描写から目が離せない6.5章。現カルデア面子ともコツコツと前向きな関係を育んでいったり、モリアーティの古傷を全力でエグるような嫌味も真正面から受け止めた上で流したり、細かい言動ひとつひとつに彼の成長を強く感じ…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記10 最悪な召喚で得た、二度とはない想い

物語中でコンスタンティノスと主人公たちが、中ボス戦などで真正面から向き合う機会が結局無いまま終わったのは予想外だった。そもそもコンスタンティノスと直接言葉を交わせた非復権キャラ自体がとても少なかったか……? ヴラドやドンキホーテ、あとシャルル…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記09 女教皇の罪

「新規イベントはまだ来ない」という何の根拠もない予想≒祈りを抱えて通常弱ペースで書き進めている6.5章プレイ日記。 聖杯戦線はノーカン! ノーカンです!!今回の感想日記はおそらく全15回+αくらいで収まると思うが、もちろんまだ書き上がってはいない。…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記08 誰と話すか、休むか行くか

今回のシナリオバトルの難易度は全体的に易しめだったような気もする。期間限定のコンテ石も配布されたけど、結局全く使わなかったな。ま、前回のケルヌンノスレベルのバトルを何発もやられるのもキツすぎて嫌すぎるけど!代わりというわけでもないが、雑魚…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記07 夢見る老兵

ドン・キホーテ(&サンチョ)のようなキャラクターは、英雄・勇士たるサーヴァントが主となるFGOにおいては珍しい。そしてFGOのような舞台だからこそ、他の物語以上に残酷にも映る。彼らといいヨハンナといい、今回の特異点では作られた存在だからこその苦…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記06 ありきたりなあなた

6.5章の物語を読んで、改めてサロメの幕間etcを読み直しにいった。幕間は実装した頃に即クリアしていたし、バレンタインイベントも初登場時から二度三度と読み直していたはずだが、6.5章でのサロメを踏まえると改めて感じ入るものがある。色々な場面で彼女が…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記05 名も知らぬ七騎と

陣営が多く登場キャラもメインからサブまで多く、視点の変化による場面転換も頻繁な今回のシナリオ。読む分にはメチャクチャ盛り上がるし超楽しいのだが、日記はやや書きづらくもある。ヒィヒィ言って整理しつつ感想を書いてみてはいるが、いつもより内容が…

FGO第二部 Lostbelt No.6.5 プレイ日記04 監獄友達できたかな

今回のシナリオは新規・既存のサーヴァントが色々と登場したけど、ガチャにも実装された完全新規ユニットという意味では男性率が高かった。前回のアヴァロンは圧倒的に女性率が高かったし、このあたりはバランスを考えた結果……というよりは、単に“たまたま”…