FGOハロウィン

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記07(完) KISS&世界滅亡

2021ハロウィンイベ感想、最終回!令和の秋に大復活を果たしたハロウィンだが、規模は意外とコンパクト仕様……とはいえ、単純な物量で言えば初期FGOのイベントはこれくらいのサイズ感だったか?私の感覚的にはハロエリちゃん以上ブレエリちゃん未満、くらいの…

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記06 魔法の時間の終わり

高速周回の御供としてWコヤンスカヤも定番になり、いよいよフレ枠争いが激しくなってきた昨今。少し前にサポート編成を複数設定できるようになったので多少は争いも緩和されたものの、今回のようにイベント礼装・ガチャ礼装の種類が多いと一覧が大混雑してし…

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記05 仮面の王子と南瓜の王子

シナリオ自体の規模は例年のハロウィンに比べて、あるいは他のイベントと比べてもコンパクトに感じる今年のハロウィン。だがイベント用礼装枚数は多く、エネミーの種類も「かぼちゃ」だの「メルヘン」だの「ゆうれい」だの多く細かく……。しかもフリクエの数…

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記04 強引なメルヘン

今回のイベントはミッションやBOXもなく、夏イベントのような特殊な新システムも存在しない。その代わりってわけでもないだろうが、第二部第六章でお披露目された『最大6体までエネミーが画面上に表示される仕様』がフリクエで採用されている。追加エネミー…

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記03 特異点童話めぐり

この記事を書いている時点ではまだシナリオ中盤を過ぎた、くらいの段階だと思うが……今回のイベントって、実はボリュームが控えめだったりするのだろうか?前振りだった三部作総集編がただでさえ『量ッ!!』と殴り掛かってくるような重みがあった分、ギャッ…

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記02 愉快な女が多い特異点

今年はミュージカル!ってことでエリちゃんは頻繁に歌をうたい、音符エフェクトが画面を舞うのだが……この演出、ちょっと重くない? 情緒ではなく物理的に。おま環?エリちゃんが歌う度に毎回ってわけでもないが、ちょくちょく画面がカクついてしまうのが気に…

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記01 シン・エリザベート

帰ってきたエリちゃんハロウィン!懐かしの三部作総集編兼前日譚まで開催されて、ハロウィンライブに向けたイメトレは十分。混沌を飲み下す準備はできた! さあ殺し合おうカオスッ!!……と決死の覚悟で挑んでみたが、プロローグの段階では意外と空気は穏やか…

FGO雑記 メカエリチャンとの思ひ出

エリちゃんによるエリちゃんのためのハロウィン三部作の思い出もいよいよラスト。こうして三部作を振り返ると、エリちゃんハロウィンシリーズが数多くの伝説を残していったことを改めて思い知らされる。スゲーよな、エリちゃんのハロウィン……。2021年の今で…

FGO雑記 ブレエリちゃんとの思ひ出

ハロウィン三部作を未プレイだったユーザーに向けた総集編という名の実質復刻イベント!……と思いきや、予想以上に新テキストも多く用意されている今回の「チェイテ(中略)総集編」。うっかり読み飛ばしそうになってたけど、普通に今年のハロウィンの前日譚…

FGO雑記 ハロエリちゃんとの思ひ出

期間限定イベント?のようなナニカ、「チェイテ・ハロウィン・トリロジー ウルトラデラックス総集編!」が現在開催中。2015年~2017年に開催されたハロウィンイベント三部作を未プレイなユーザーに向けたスペシャル復刻版のようなイベントと思われる。このブロ…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記10(完) ヒーローヒロイン大集合!

護法少女イベント感想、最終回!挑戦的な演出は興味深かったし、面白いシーンもたくさんあった。しかし、シナリオはちょっと“詰め込み過ぎ”にも、個人的には思えたかな。すごく良い部分もあったからこそ、惜しい部分も気になってしまった。

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記09 鬼救阿宝具で即蒸発

護法少女ムーヴに集中している時の鬼救阿は“カワイイ”に寄っていたが、こうして本質が見えるシーンになると、酒呑童子らしい色気と怪しさが露になる。ザックリ言うと、スゲーエロい。さり気なくも大胆で、淑やかなようであからさまで……こんな表情と台詞を、…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記08 鬼王の正体

ユーザー視点で、鬼王が初めて登場したのは第1話のラストだった。日記で言うと、「プレイ日記03 敵の名は〇鬼会」あたり。主人公たちを“小癪なクレーマー”と呼び、暗闇の中でグフフと笑っている姿は、恐ろしい敵というよりは滑稽でシュールで、(こいつ大丈…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記07 『今』だけの君

とらブル師弟の会合は、今回はニアミスで済んだ……。ガチで絡むと、果たしてどんな空気になるのだろう?……というかそもそも、藤ね〇が疑似サーヴァントになっている時点で意味がわからないよ。そりゃシトナイでなくとも、「気のせいだな」ってことにしたくな…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記06 右も左も悪まみれ

今回はミラーハウス編。『犯人』自体はわりとバレバレだったが、全体の流れや配役はなかなか新鮮で興味深かった。幕間などで“わりと雑な敵枠”になりがちなメフィストフェレスが、こういう行動をするとなんとなく嬉しい。ファントムも良い仕事をしていた。

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記05 焼きそば食べたい

今回は素材交換礼装を装備することで、それぞれ対応したカードの威力がアップするシステムになっている。対応したカードのみ、というあたりが従来の特効礼装とは少し異なっている。最初はややわかり辛かったが、慣れてくると楽しい。宝具でなくとも、敵のHP…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記04 悪役が似合い過ぎる女

アトラクションマネージャー編(仮)では、色々な鯖が登場していく。今年のギル祭で『サーヴァントわいわいパート』が無かった代わり……というわけではないだろうが、多くのキャラが出ると単純に楽しい。マリーと愉快な仲間たちも、久々にフルメンバーで登場…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記03 敵の名は〇鬼会

茨木童子と並んで、今回のダブルヒロイン(酒呑も入れてトリプルか?)に大抜擢されたパライソちゃん。剣豪以降もちょくちょくイベントで登場してはいたけれど、メイン枠は初だったと思う。新鮮で、とても嬉しい。マスター想いのかわいらしい面はもちろん、…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記02 護法少女、堂々登場

茨木童子は、初登場の羅生門では立派な『敵役』だった。外見は愛らしくとも、強く恐ろしく血も涙もない恐怖の鬼として最初は描かれていたし、プレイヤーが受けた印象もそうだったのだと思う。特に羅生門は難易度の高さもあって、茨木童子には苦労させられた…

FGOイベント 神秘の国のONILAND!! プレイ日記01 北海道に行きたいか

今年もハロウィンイベントの季節がやってきた。今回のイベントの正式名称は『神秘の国のONILAND!! ~鬼の王とカムイの黄金~』。鬼が関係していること、北海道が関わっていそうなことなどはタイトルの時点でもわかる。また、「黄金」というと、まず連想され…